お買い物点数 0点
小計 0円
明日は八十八夜。

みなさん、こんにちは。 寒暖差が激しく体調管理がなかなか難しいと感じる昨今ですがいかがお過ごしでしょうか。本日は平成30年5月1日(火)です。明日はお茶屋さんにとって大切な日である八十八夜(はちじゅう…

>>続きを読む

営業日のお知らせ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
定休日

明日は八十八夜。

みなさん、こんにちは。
 
寒暖差が激しく体調管理がなかなか難しいと感じる昨今ですがいかがお過ごしでしょうか。
本日は平成30年5月1日(火)です。
明日はお茶屋さんにとって大切な日である八十八夜(はちじゅうはちや)になります。
この頃に摘まれたお茶が一番美味しいよっていう昔からの言い伝えとでもいいましょうか、まぁそんな感じです。
昔から八十八夜を過ぎれば、遅霜の心配はなくなるよっていうことから、そういう風に言われるようになったらしいです。お茶にとって霜(しも)は大敵なので、そう考えると確かに間違っていないです。 
八十八夜とは、その年の立春(節分の翌日)から数えて八十八日目にあたる日をそう呼びます。毎年5月2日頃になります。 
そもそも八十八夜とは、雑節のひとつでして季節の変わり目を暦から感じ取れる目安と言えます。他には彼岸・土用・入梅あと節分もそうですね。

 霜なくて曇る八十八夜かな    正岡子規 
 
実際には、我らが鹿児島県はお茶に適した温暖な気候のおかげで、5月2日よりも早くお茶を摘採・製造することが出来ます。そもそもお茶には適期というものがあります。製造するお茶の品質やお茶の樹の健康の事を考えて、丁度良き処で摘んであげるのが、お茶にとっても良かったりするのです。もちろん美味しいお茶を作るためにもですね。 そういうわけで鹿児島県では八十八夜(5月2日)に製造されるお茶はそれほど多くはありませんが、お茶(日本茶・緑茶)に関わる者としましては、お茶を日本の文化の一つへと昇華してきた先人への敬意に思いを馳せるためにもこうした伝統は忘れないようにしたいと思いますね。

もうすぐ今年(2018年)の1番茶も終わろうとしている鹿児島の茶商の独りごとでした。

店主。