お買い物点数 0点
小計 0円
全国茶審査技術競技会

9月9日、東京都にて、第64回全国茶審査技術競技会が行われ、鹿児島県が団体戦にて3度目の優勝を致しました。 毎年、全国の茶商関係者(お茶屋さんなど)から、120名の選手が技を競うのですが、鹿児島…

>>続きを読む

営業日のお知らせ
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
定休日

有機深蒸し茶【知覧】の新茶が出来ました


今年も皆様にご安心してお楽しみいただける、安心安全の美味しい有機深むし茶ができました。
辺り一面はお茶畑。晴れた日には遠くに開門岳が見渡せる南九州に位置するお茶の名産地、『知覧町』で栽培された有機緑茶をお茶の沢田園が丁寧に仕上げた本場の有機深むし茶です。
「安心安全でより美味しい緑茶を作りたい…」そんな想いから知覧のお茶畑に囲まれた地にある有機栽培に熱心に取り組む農家さんから仕入れて、「深むし製法」にてこだわりの美味しいお茶をつくりました。

有機JAS認定茶

平成11年のJAS法改正により、有機農産物及び有機加工食品の日本農林規格(有機JAS規格)が制定されました。
以後、統一的な基準に基づいて生産されたものでなければ「有機」・「オーガニック」などの表示をしてはならないようになっています。
有機栽培茶は、土中に化学農薬・化学肥料が残留してはならず、最初の収穫から3年以上、堆肥等で土作りを行った畑において栽培されなければならないという規定があります。
沢田園の有機深むし茶は、有機JAS認定の有機緑茶を「塗木製茶工場」より仕入れています。同じく沢田園も毎年の検査を受けて有機JAS認定を得ています。

こだわりの土作り

「塗木製茶工場」では、虫や災害に負けない茶場を作る為に、土作りにこだわります。
風味豊かなお茶を作るために、肥料には熟成発酵肥料(米ぬか・もみ殻・油かす・魚かすを微生物により発酵させ熟成させた肥料)という特製肥料を使用し、土を健全に肥よくにすることにより、しっかりと根が張ったお茶の樹を育てます。
お茶の樹は1年に何度も新芽を摘みますので、しっかりと土作りをし、深く根を張らせ、充分な栄養を吸収し良い芽を出させます。

深むし茶

深むし茶とは、生茶葉から煎茶を造る最初の工程である「蒸し」の時間を、普通の煎茶より約2倍~3倍長く取ったものを言います。
深むし茶は、長い蒸し時間によって茶葉からの滲出成分が普通の煎茶より多くなり、味は濃くまろやかで甘みが残り、色も鮮やかで緑の水色(すいしょく)が濃く出ます。
蒸し時間が長いことで、茶葉が細かくなり、茶葉の細胞が通常のお茶より破壊されているため、本来溶け出さない茶葉の栄養成分まで飲むことができるのも深むし茶の特徴です。深むし茶を淹れた時に細かい浮遊物がたくさん含まれますが、この浮遊物には、βカロテン・ビタミンE・クロロフィルなどの普通のお茶にはほとんど含まれない成分が含まれていますので、健康にも良いお茶として喜ばれています。
十数年の間に培った経験を生かし、有機深むし茶を作り続けて全国のお客様に喜んでいただいています。

沢田園の有機深むし茶

有機栽培は、化学肥料等を使用しない分、栽培においてのリスクが上がり、手間や時間を費やして自然由来のもので作られるお茶です。
毎年毎年、気候の変化により、生産環境も大きく変化します。
その様な中で、茶農家さんは、どのようにして美味しいお茶を作るかを日々勉強しています。

【お茶を愛し、お茶に生きる。】

自信をもって皆様に安心安全な知覧の有機深むし茶をお届け致します。

有機深むし茶 新茶

※只今、新茶キャンペーン中につき、通常よりもお求めやすい価格になっております。この機会に是非お試しください。
有機深蒸し茶【知覧】の新茶はコチラから