お買い物点数 0点
小計 0円
全国茶審査技術競技会

9月9日、東京都にて、第64回全国茶審査技術競技会が行われ、鹿児島県が団体戦にて3度目の優勝を致しました。 毎年、全国の茶商関係者(お茶屋さんなど)から、120名の選手が技を競うのですが、鹿児島…

>>続きを読む

営業日のお知らせ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
定休日

美味しい緑茶を飲んで脳卒中の予防を。【記事抜粋】





yu_05.png




















緑茶で脳卒中リスク低減、コーヒーでも 8万人調査

2013.3.15 08:57

 緑茶やコーヒーをよく飲む人は、飲まない人に比べて脳卒中になるリスクが2割程度低かったとの研究結果を国立がん研究センター(東京)と国立循環器病研究センター(大阪)のチームが15日、発表した。緑茶の血管保護効果やコーヒーの血糖値改善効果が影響する可能性があるという。

 チームは1990年代後半に東北から沖縄の9保健所管内に住んでいた45~74歳の男女計約8万2千人を平均13年間追跡した。この間に3425人が脳出血、脳梗塞、くも膜下出血といった脳卒中を発症した。

 追跡開始時点で、緑茶を「全く飲まない」「週1~2回飲む」「週3~6回」「毎日1杯」「毎日2~3杯」「毎日4杯以上」のグループに分けて解析すると、飲まないグループに比べ、毎日1杯以上のグループは脳出血のリスクが22~35%低かった。脳卒中全体では毎日2~3杯以上で14~20%低かった。