お買い物点数 0点
小計 0円
全国茶審査技術競技会

9月9日、東京都にて、第64回全国茶審査技術競技会が行われ、鹿児島県が団体戦にて3度目の優勝を致しました。 毎年、全国の茶商関係者(お茶屋さんなど)から、120名の選手が技を競うのですが、鹿児島…

>>続きを読む

営業日のお知らせ
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
定休日

【お茶の味と成分】

お茶の味は、甘み・渋み・苦みの3つのバランスで決まります。それぞれの味の主な成分は、いずれも有効成分として注目を集めています。甘み(テアニン)は、水からでも進出することができますが、渋み(主にカテキン)と苦み(主にカフェイン)は、80℃から急激に浸出します。

3つの成分を豊富に含む上級煎茶の場合、お湯を少し冷ます(70℃くらい)ことで、甘み(テアニン)を多く、渋み(カテキン)・苦み(カフェイン)が控えめの味わいに自分で味を調節する事ができます。


・テアニン:リラックス、いやし効果

・カテキン:ダイエット効果、殺菌効果

・カフェイン:覚醒効果(眠気覚まし)、疲労回復


などのような沢山の効果が期待できます。私も毎日家で飲んでいます。皆も煎茶を飲んで健やかに過ごしましょう^^b






24.jpg